靴のチャックの横の縫ってある糸が切れた

新しいウォーキングシューズを買ってからほぼ毎日そればかり履いています。
しかしかかとの靴ずれでかかとにマメができてしまったので、
それ以来靴下の中にスポンジ状のゴム板を入れて靴とかかとが当たらないようにしています。

 

そうして歩くことにより靴ずれは解消したのですが、
ウォーキングシューズが靴ひもの横にチャックがついていて、靴が履きやすいようになっているのですが、
靴と足の間に物を挟んでいる分だけ足が若干前に出てしまうので、
チャックを上の方まで上げると、簡単に閉まらなくなってしまいました。

 

チャックは閉まるのですがチャックを閉めると、
チャックを塗ってある糸に負荷がかかってしまったようで、その糸がが半分ほど切れてしまいました。
糸が切れても靴は履けますが、チャックを閉めていてもチャックを閉めていないのと同じような状態になり、
靴のかかとの部分が大きい靴を履いているみたいに脱げやすくなってしまいました。

 

靴がこんな状態だとウォーキングで使えないので、切れた部分を縫うことにして、
人に縫ってもらえばよかったのですが、自分で縫うことにしました。

 

裁縫なんかほとんどしたことがないので、
糸を針に通して根元を結んでほどけないようにして縫ったのはよかったのですが、
最後にどうやって糸をほどけないように止めるのかがよくわかりませんでした。

 

ネットで調べると静止画だと図がわかりにくいので動画を見たのですが、
その通りにやろうとしても糸がほどけてしまいなかなかうまくできませんでした。

 

無事に切れた糸を修復できたのですが、
次靴を履いたときにまた糸が切れないか不安です。